ハーブ ハーモニー

 

ハーモニーとは

九州の北部で無農薬でハーブを栽培〜販売しています。生産地は大分県日田市、福岡県朝倉郡東峰村の休耕地を主に利用しています。国産ハーブ

人と自然の繋がり

ハーブを通じ体感した、驚き・発見・喜びといった感覚は、是非たくさんの方に体験してもらいたいと思い販売しています。

日常生活の中にハーブのある生活は自然との距離感が近くなります。

葉に停まるバッタ、枝を登るてんとう虫、花から花へ足に花粉を付けて飛び回るミツバチ。

秋に咲く花

春に咲く花

森の水や土の中のミミズや目に見えない菌まで、環境を作るすべての要素が繋がっていることに気付かされます。そして、人もその循環の中の一つの要素として在るのだということに気づけます。

どんなに文明が栄え便利になっても変わらないことがあります。

東峰村ハーブ

九州産ハーブ販売店

 

自然と触れることの効果

自然界にあるものは全てが、一つ一つが “ひとつ” しかありません。

森を見渡せばどこを見ても同じものは全くありません。

それぞれがそれぞれの役目を果たしています。

絶妙なバランスで全体が一つとして成立していることを、感じることが出来ます。 “安心感”というものなのかなぁ。

自分の年齢よりはるかに歳をとった木や、陽が射すとさえずる小鳥や虫が気付かせてくれる事があります。

th__DSC0316

 

環境への働きかけ

収益の一部を自然に還しています。なぜなら、産業は自然あっての人あっての産業だからです。

人を含む自然環境の中に立場・権力・人種・職種等の境界線は本当はありません。情報を合理的に整理するための手段としてカテゴリー分けは在ります。お百姓さんにもハイテク産業にも自然は欠かせません。
人は食べること・住む場所・着るもの・移動すること。食糧や火・水・油等のエネルギーに地球の環境資源を使っています。使った分を少しでも還したいという考えです。

 

生産ハーブ(季節や環境の変化により生産量・生産品種は変動します。詳細はお問い合せください)

ハーブハーモニーへの問い合わせ

 

自家採種

F1種子・遺伝子組み換え(種のつかない品種、次世代が不自然になる種)は使っていません。

ハーブハーモニーでは、毎年きちんと種をつけ、環境への対応力があり、生物としての生命力あるハーブをお届けしたいと思っています。出来る限り自家採種し種子の固定化を計り、生産持続性があり地域特性を活かした、土地に根ざしたハーブを栽培します。

自家採種出来ない種子についてもオーガニックかつ種子消毒の施されていないものを使用しています。
この線引きは、それを必要とする方の選択肢が一つ増えればと考えたからです。選択すること、選ぶことは楽しい事です。

そして何より、自家採種した種子を栽培する智慧を発信・共有していくことが、小さな島国に住む私たち、小さな地球という星に生きる人の安心に繋がると想像したからです。

 

現在、品質保持の点から少量生産の出荷となります。お届け出来ずにご不便をお掛けすることもあるかもしれません。どうかご理解をよろしくお願いいたします。

種子販売について

ショッピングカートでの販売もしています。

国産ハーブ・ハーブティー・無農薬野菜

ハーブハーモニーへの問い合わせ