秋の民陶むら祭(民陶祭)2014

秋の民陶むら祭2014民陶祭

ハーブの栽培・販売をしているハーモニーの出店情報です。

出店情報

ハーブを使ったスープや焼き鳥を準備しています。スープはチャビーさん、焼き鳥は寿屋さんが炭火で焼いてくれます。


焼き鳥メニュー

豚バラ、地鶏、ぼんじり、各120円
鶏皮、砂ずり、ネギマ、各100円
明太子バラ巻き200円

スープ

バジル・オレガノ・イタリアンパセリ・タイム・レモングラス使用

ハーブ

ドライ
レモングラス、赤唐辛子、ディルシード 各150円
トゥルシー・エキナセア 20g 700円 10g 400円 5g 220円(直売価格)
フレッシュ
ローズマリー・赤唐辛子 100円

場所

大体の位置です。

 

 

福岡県東峰村の旧小石原村では2014年秋の民陶むら祭(民陶祭)が10月11・12・13日に開催されます。東峰村の小石原では焼き物が産業として栄えた事で、村に住む人々の生活を長い間 支え続けています。粘土質の土が陶土に適しています。伝統的には唐臼という川の水量を活かした土の粉砕方法を用い、蹴ろくろという人力のろくろを回していたそうです。

現在でも現役で蹴ろくろを使っている太田孝宏さん作陶を一度生で見ました。心技一体となり土と向き合う孝宏さんの指先から、土の塊が器としての機能を備えて美しいフォルムの物体として生まれる瞬間までの一連の流れには目を奪われました。 太田熊雄窯

おっちゃん(高倉国光さん)の紹介

小石原鼓のやきもんやのおっちゃんと最近山に行ったりして遊んでいます。おっちゃんと自然はいろんなことをたくさん教えてくれます。近所のおっちゃんです。

出店について

おっちゃんの作った窯で焼いたやきもんを買いに来てくれた人たちにハーブを知ってもらおうと思って出店します。やきもんに満足して、ハーブで更に満足してもらえればと思います。
バイパスができて、旧街道となった店先は時とともに人工的な要素が薄れてきています。自然に、有機的に、旧道が還っていく変化がとても素敵です。秋には紅葉が色づき、春にはたくさんの花が咲きます。とても好きな場所です。用が無くてもブラブラしてればいい感じです。